通販の介護食の栄養事情

通販の介護食の栄養事情

身近な食事制限

国家資格を持った管理栄養士が監修していたり、栄養バランスが良くて美味しい食事は生きる望みのようなもの。 毎日家族が介護だけでも気苦労や労力もはかり知れず、その上食事の献立まで考えるのが大変だった介護食が、楽になります。 介護食は、味も薄いイメージがつきまといます。

食事の提供の意識

食欲があるのに、咀嚼や嚥下の機能に衰えがあって、食事による誤嚥での気管支炎などにもかかるリスクも高まってしまってはどうしようもありません。 食事を提供の時には、気を付けることが沢山あり、本人の嗜好に合った物や食べ易い物ばかりを提供する訳にもいきません。

試行錯誤で最善

嚥下能力が衰えてきていれば、とろみなどで食べ易くなるかもしれません。 水分補給などでも、飲み物の液体で誤嚥になり易く、量などにも気をつけましょう。 食事の提供には、食べ物の外観が食欲に直結し、きざみ食やミキサー食などでは食欲がでなくて大変になりがちです。

プロなりの食生活の充実

介護食でも、彩りも鮮やかで、実際に食べても減塩とはわからない美味しさを研究されています。
制限食でも、体調を考えて食事ができ、明るい毎日が過ごせそうです。
身近なところでは、自分自身も糖尿病や高血圧など健康診断や人間ドックの結果を見て、悲壮感でいっぱいになって大慌てで生活習慣病の食事制限を悩まれている人も。
カロリー制限食、塩分制限食、たんぱくや塩分調整食、糖質制限食、栄養バランス食、生活習慣病予備軍の人向けなど。
既に食事制限で、食べることが不自由になったような気がしているかもしれません。
介護食なども他人事ではなく、味が薄いので美味しく思えない、カロリー制限や糖質制限の計算がうまくいかない、毎日の献立を考案できない、同じ献立のローテーションになり飽きる、家族の様々な負担などを考えると申し訳ない、しっかりと美味しく味のある食事がしたい、医師から食生活見直しの指示をされたがわからないことが多すぎて放置しているなど、その食事の部分だけでもサポートしてもらえれば何とかなりそうでもあります。
生活習慣病の糖尿病や腎臓病や高血圧等では、投薬と共に、減塩や糖質制限の食事が大切です。
そして、生活習慣病予備軍の人が何とかするには、毎日の食生活を改善することが効果があります。
現在、10代や20代以外の世代は8割近くが生活習慣病や予備軍となってしまって、予防や改善で食生活に重点を置いている人が多い。
仕事や家事などに追われ、後回しになったり面倒で病院にも行かなくなる人もいて放置すると、重症化する恐れがあります。
意識を変えるのが一番大切で、栄養バランスが考慮され手軽で美味しい食事の宅配は、介護食や制限食以外でも活用する意味があります。